MENU

【自覚しにくいスメハラ】加齢臭も対策しておかないと危険!

 

「スメハラ」をご存知でしょうか。

 

スメハラは、様々なハラスメントの中でも自覚しにくく、対応が難しいのが特徴です。

 

とはいえ、しっかり対策すれば、他者に不快感を与えずに防ぐことも可能です。

 

あなたもスメハラの加害者となってしまわないよう、参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

スメハラ(スメルハラスメント)の定義とは?

 

スメハラ(スメルハラスメント)とは、近年問題になっているハラスメントのひとつです。

 

一般的には、臭いによって周囲を不快にさせる嫌がらせのことをいいます。

 

しかし「嫌がらせ」といっても、悪意があるものだけをさすわけではありません。

 

残念ながら、本人に悪意がなくてもスメルハラスメントとなることもあります。

 

最近では、スメハラ対策のため、就業規則などで臭いについて触れられているケースもあります。

 

 

「悪臭に耐えられないが本人に言えず退職した」

 

「悪臭を指摘されて責められ、職場に居づらくなり退職した」

 

など、退職につながることもある深刻な問題となっています。

 

 

スメハラの種類|周囲に不快感を与える臭いとは?

 

臭いに対する感じかたには、個人差があります。

 

なので、ある人にとっては良い香りでも、別の人には悪臭、と感じられる場合があります。

 

一般的に、周囲に不快感を与える可能性がある臭いは、以下のようなものです。

 

 

体臭(汗、足、ワキガ、頭皮、加齢臭など)

 

口臭

 

たばこの臭い

 

柔軟剤の臭い

 

香水・整髪料の臭い

 

 

体臭や口臭は、ケアをすることにより症状を軽減させることができます。

 

とはいえ人間は、自分の臭いには気付きにくいものです。

 

そこで体臭や口臭は日常的なケアが必要となります。

 

 

スメハラの加害者にならないための対策

 

スメハラの加害者とならないためには体臭・口臭ケアは必須です。

 

それぞれ、以下のような点に注意しましょう。

 

スメハラ 体臭 対策

 

・シャワーや入浴により体を清潔にする

 

・汗をかいたら、すぐに拭き、乾燥させる

 

・臭いの強い食べ物は避ける

 

・たばこやアルコールを控える

 

・デオドラント効果のあるボディーソープやサプリメントを使用する

 

 

スメハラ 口臭 対策

 

・食後は歯を磨く

 

・ニオイの強い食べ物は避ける

 

・たばこやアルコールを控える

 

・虫歯を治療する

 

 

 

スメルハラスメントの加害者とならないためには日常的なケアが大切です。
毎日しっかりとケアしましょう。

 

 

スメハラに加齢臭! まとめ

 

他のハラスメント以上に、スメハラは難しい問題ともいえます。

 

企業でも、個人を呼び出して臭いの指摘をすることは避ける傾向にあります。

 

なぜならパワハラやセクハラと受け止められる可能性があるからです。

 

 

 

やはり、「他人のニオイは注意しにくい」ものではないでしょうか。

 

そして、指摘できないからこそ、解決しづらいのがスメハラの特徴です。

 

また、指摘されない(してもらえない)ため、実はスメハラの加害者になっているかもしれません。

 

(指摘されたとしても、ショックだと思うのですが・・・)

 

 

そういった事態を招かないよう、日常的に体臭や口臭のケアをしていきましょう。